【パズドラ部】第850回:7周年記念チャレンジ7は、コマさんSパで

大塚角満の熱血パズドラ部 第850話

 

大塚角満の熱血パズドラ部ですが……なんと今回の更新で、連載850回目!!最初は「20回程度書ければたいしたもんだなwww」なんて言いながら始めた連載だけど……続けば続くもので、75ヵ月も書き続けて850回に達しましたわ~(シミジミ)

これもひとえに、飽きずに読みに来てくれる読者の皆様と、つねにトップランナーであり続ける『パズドラ』というコンテンツの力、そして……偏執なまでにプレイ日記にこだわり続けた、俺のシツコサの成せる業だなwww

このまま、目標の1000回まで突っ走りたいと思います! 今後ともご愛読のほど、よろしくお願いしますねw

7周年記念チャレンジに挑む

さて。

その“ダンジョン群”を見たとき、俺はただただ単純に、

「おwww 報酬集めと魔法石回収用の“サービスダンジョン”デタわwww」

と思った。

「瞬時に制覇して、高難度ダンジョンに向かう踏み台にしてくりょう!!!」

そんな、ナメたことまで言い放っていたように思う。

そのダンジョン群とは、↓これのことだ。

7周年記念チャレンジ1

パズドラのAndroid版リリース7周年を記念して配信された、“7周年記念チャレンジである。レベル1~レベル7まで、難度と条件の違うダンジョンが配備されて、クリアーすれば大量の+ポイントや潜在たまドラがもらえるというおいしいダンジョンであります。

実際俺は、レベル1~レベル6までのダンジョンは、緑の風になって一瞬で通り抜けたと思う(美しい表現だな)。危ない場面はひとつもなく、

「こんなに簡単に、ノエルやら潜在たまドラをどっさりもらっていいのかしらwww」

と、ちょっと遠慮気味に思ってしまったほどであった。

……そう、“Lv7【覚醒無効】に挑むまでは。

覚醒無効の恐怖

この7周年記念チャレンジで唯一、

「これは……若干、手こずるかもしれんなぁ……」

とボンヤリ思ったのが、最後のLv7【覚醒無効】であった。懸念となるのはもちろん、覚醒無効という条件だ。

俺、ここ最近の高難度ダンジョン攻略に思いを馳せて、少々顔色を失った。

「いまになってようやく、壊滅級や闘技場などを続々とクリアーできているけど……それは覚醒スキルでギミックを弾いたり、無効貫通やキラーなどによる覚醒の暴力に依存しているからなんだよなあ……」

そして、背中にツツツー……と、冷たい汗が流れるのを感じた。

「そんな、頼り切っている覚醒スキルが封じられるとなると……根性持ちが出てきただけで、大ピンチになるかもな^^;;;」

自虐的に、そんなことをつぶやいた。

打開策は……

そして……前出の懸念はすぐに、形になって襲い掛かってきた。

ヤベェヤベェと歌を歌いつつも、心のどこかでは、

「ゼラキティパだったら、どうにでもなるだろwww」

と、思っていたのは間違いない。が、そんな確信は、炎天下の氷細工のように脆くも砕け散ってしまったのだ。

ゼラキティパ

ボスの手前のヘパドラに、惜しくも敗北……。もうちょっとで削りきれたのに、相手を怒らせて万事休すとなってしまった。

そしてここから、俺の連敗街道が始まる。

上記の写真ではヘパドラの体力をギリギリまで削れているが、これはいわば“ビギナーズラック”。こんなに肉薄できたのはこの1回だけで、あとはヘパドラどころか、1階のケルベロスや2階のリリスで憤死することすらたびたびだったのである。

なので、「ゼラキティパ、あまり相性がよくないかも……?」と浅はかに思い、

花嫁ルシャナパ

ひさびさに花嫁ルシャナパを引っ張り出すも、

「あ、あれ? 十字、ひさびさだから1個しか作れね……」

ってアタフタしているうちにゲームオーバー(苦笑)。

「ならば!!」

と、

ルルナパ

最近密かにハマっている、ルルナ×小野田坂道パでスイスイとヘパドラまでやってきたが……。

ゲームオーバー

半分ほど削ったところで轟沈……。いやまさか、サービスダンジョンと思っていた場所で、これほど苦戦を強いられるとはな……。

“一番隊”、コマさんSパにすべてを託す

そして、最終的に俺が頼ったのが、↓こちらのパーティーであった。

コマさんSパ

ここのところゼラキティパとルルナパばかり使っていたため、すっかり出番がなくなっていた、コマさんSであります! 出番がなかったとは言え、コマさんSパはプラントアーミーズの一番隊(パーティー1になっているってことね)。新選組で言えば、沖田総司の隊ということになる。

ではなぜ、ここにきてコマさんSパを出してきたのか? それには以下のような理由がある。

HPが高いパーティーになる
・簡単に軽減を張れる(ドロップの5個消しでOK
・コマさんの軽くて優秀なスキルで操作時間を確保できる
・後半に多い毒とお邪魔を、エンドラREXの軽いスキルで片っ端から木ドロップに変換できる

こんなところだ。

そしてこの作戦は……ものの見事にハマるのである。



コマさんSパ、強し!

道中もけっこう面倒くさいのだが、そこは端折ってスクショだけ。

リリス
クラミツハ
撃破

覚醒無効なのでスキブもないが、コマさんやエンドラのスキルは前述の通り軽いので、ほとんど気にならずに使える。これが何気に、いちばんのポイントだったかもしれない。

そして迎えた、因縁のヘパイストス=ドラゴン戦。

敵の攻撃が降ってきても、

ヘパドラ

軽減さえ張っておけば、それほどヒヤリとする場面もない。なのでこちらからも積極的に攻めることができ、

エンドラのスキル

エンドラREXがパーティーにいれば、毒やお邪魔が降ってくるのはむしろ好都合。じゃんじゃん木ドロップに変換して、

大ダメージ

猛攻撃!!ヘパドラは根性がついているが、木属性のプラントアーミーズの攻撃では火属性のヘパドラの体力はそれほど削れず、よって、根性を発動させる心配は絶無(苦笑)。安心して、ガンガン攻めることができた。

そして……。

コマさんS

ここまで来たらあとは、コマさんSの“ひとだま乱舞”で木ドロップ5個と操作時間2倍を得て、思いっきり攻撃するだけ!!

結果……。

ヘパドラ撃破

ビュホォォォォォオオオ!!!!ヘパドラ、ついに撃破ぁぁぁあああ!!!

あとは、ボスのたまドラを……。

ボス戦

慎重に攻撃(苦笑)。練磨の闘技場で潜在たまドラにやられたことが、トラウマで残っているので^^;

そのおかげもあって……!

撃破
初クリア

よし!!!7周年記念チャレンジ、これにて終了~~~!!

もしもLv7【覚醒無効】で躓いていて、なおかつコマさんSを持っていたら、ぜひこのパーティーを参考にチャレンジしてみてください! 驚くほど楽に進める……かもしれないよ!

おしまい。

おすすめの記事
大塚角満の他のブログ