【パズドラ部】第743回:サンリオのポチャッコさん、一部の女子を虜にする

大塚角満の熱血パズドラ部 第743話

昨夜--。

ランクが800になったことに気をよくして、

夜、馴染みのバーに酒を飲みに行った。そこは、ズラリと居並ぶ女性がバーテンダーを務めているという極めて特殊な飲み屋で(ぜんぜん特殊じゃねえ)、顔見知りのスタッフも多い。いつも賑わっている店なのだがその日は比較的空いていて、女性バーテンダーたちも手持ち無沙汰の様子だった。

「よっこらせ……」

四十肩をかばいながら席に着くとさっそく、顔見知りのスタッフがおしぼりを持って現れた。そして俺の顔を確認するなり、注文も聞かずにこんなことを言ったではないか。

「大塚さん!! サンリオコラボガチャ、回しました!?」

その人にとっての当たりキャラとは?

その子……Yちゃんは半年ほど前からこの店で働き始め、すでに何度か俺に着いたことがある。俺は、

「レモンサワー。お酒と炭酸ナシでおねしゃす」

と、ただのレモン汁を注文してから、Yちゃんの問いに答えた。

回した回した!! 俺にしたら“回しまくった!”と言っていいくらい、魔法石突っ込んだわ!!」

実際、コラボガチャにこれほどの魔法石を投資したことは、過去に一度もなかった(と思う)。それだけ目当てのウィッチ・ゼラキティが手に入らなかったということなのだが、どうやらそれは、俺だけじゃなかったようだ。Yちゃんが目を見開きながら、「私もです!!」と言った。

「私も同じです!! ぜんぜん当たりが出なくて……。けっきょく意地になって、大当たりを引くまで回し続けちゃいました^^;

俺は「ははは」とイケメン風に笑ってみせた。

「あははは。そうなっちゃうよなーw でもよかった。俺だけじゃなくてwww ……で、最終的には手に入ったの?」

Yちゃんは元気に「はい!!」と首肯した。

出ました!! それを確認して、「ハイ、今回のガチャは終了!」って割り切って、そこから回していませんwww」

俺、「うんうん」と頷く。

「そりゃよかったw 俺は17回回しても出てくれなくて、モンスター交換で手に入れたけどね……。そういう意味では、Yちゃんは勝ち組だよ」

ここで俺は、運ばれてきたレモン汁をグビリと飲んだ。そして、Yちゃんにも1杯ご馳走してから、何気なく言ったのである。

「じゃ、念願の当たりキャラを見せてよ!

言われたYちゃん、うれしそうに破顔した。

はい!! 見てください見てください! かわいいんですよ~♪

うんうん。ウィッチ・ゼラキティは、確かにかわいいよな。進化前の大魔女ハローキティも、めちゃくちゃキュートだし。そりゃあサンリオキャラ好きの女の子はたまらんだろう。メロメロになるよなあ。



そんなことをぼんやりと考えていると、Yちゃんが、「あ! いました! この子です♪」と言って、スマホの画面を俺の眼前に突き付けてきた。そこにいたのは……(((;゚Д゚)))

ポチャッコ
※スクショは便宜的に、角満の画面を使っております。

 おい、ちょっと待て。

俺、若干震える手でグラスを持ち上げ、酸っぱいレモン汁を口に含んだ。そして心を落ち着けてから、Yちゃんに言う。

「Yちゃん、違うキャラが映ってるでwww コレじゃないやろwww」

Yちゃん、「え?」と戸惑いながら確認し、再びスマホを俺に突き付けてきた。

この子ですよ~~~♪ 大当たり!!

そう告げる画面に映っていたのは……(((;゚Д゚)))

ポチャッコ2

これポチャッコじゃねえか!!!!

俺、アワアワと泡を噴きながらYちゃんに詰め寄った。

こここ、これ、大当たりちゃう!! 大当たりは、ウィッチ・ゼラキティでしょ!?! こいつなら俺も、掃いて捨てるほど持っているわ!!!」

言われたYちゃん、「えー!!」と驚きの表情を見せる。

えーーー!! いいなあ!! 私ももっと欲しいです!!>< ポチャッコ、サンリオキャラの中でいちばん好きなんですよー♪ 1匹でも、引けてよかったです♪」

な、なるほど……。確かに、パズドラはそういう側面もあるよな。強さはそれほどじゃなくても、ただただ好きなキャラだから使い続ける……というね。イラストがすばらしい、このゲームらしい特徴だよね……。

俺は「まあでも、そういう視点はすばらしいと思うわ」と感心しつつ、再度Yちゃんに言った。

「サンリオコラボガチャ、けっこう回したんでしょ? 他にはどんなのが出たの?」

Yちゃんは「それが、ハズレばっかで……」と言いながら、スマホを俺に手渡した。「どれどれ……」と見させてもらうと……!

ゼラキティ

 ゼラキティいるじゃねえか!!!!!(怒)

いるいる!!! 当たりの人、おりますよ!!!(驚) 悪いこと言わないから、コレ使いなさい!!! ポチャッコよりも、ぜんぜん当たりですがな!!!

しかし、ポチャッコLOVEのYちゃんには馬耳東風で、

いいんです♪ 私はポチャッコがいれば、それで満足なんですから♪

そう言っていつまでも、ポチャッコを愛で続けるのであったw

おしまい。