【パズドラ部】第908回:ランダン龍楽士杯 エノーラというコンクリート

大塚角満の熱血パズドラ部 第908話

 

パズドラで“龍楽士”の特集(?)が始まった昨日から、恒例のランキングダンジョンが実施されている。今回の名称はズバリ、

“龍楽士杯”

となっており、こちらも新進気鋭の新シリーズである龍楽士がフィーチャーされているのである。

というわけでさっそく、俺もダンジョンに潜ってみたのだが……((((;゚Д゚))))

1回クリアーするまでは

まず大前提として、俺はランキングダンジョンに入る際に、事前の調べはいっさいしない。とりあえず一度、自力でクリアーするまでは、神速で攻略情報が載るAppBankさんもGameWithさんもGame8さんも見ないのだよ!!!

これが、7年半ものあいだパズドラのプレイ日記を書き続ける男の揺るぎないプライドである。そう、俺は書き続けることで公認プレイヤーの称号を得たのだよ!!!

……しかし、この一文のポイントは、

“1回自力でクリアーするまで”

と、セコく念を押しているところ……w とりあえず一度クリアーしたら、あとはご自由に……がモットーなのである^^;

エノーラ、コンクリート説

さて、そんな1回目。俺はいつものゼラキティパで龍楽士杯に乗り込んでいった。

龍楽士杯
龍楽士杯

序盤の何体かを倒したとき、俺は当然のようにこう思った。

「お?? なんかサクサク進むなwww これ、もしかして俺のゼラキティパ、大正解だったのでは??www うひwww

そんな、余裕をブチかましだした俺の前に↓この女の子が現れた。

エノーラ

俺、目尻をだらしなく下げて、ガールズバーでしか使わない気持ち悪い声を出した。

あれれれ~??w クラリネットちゃんこと、エノーラちゃんやん^^ おひおひ~www」

そう、木属性のエノーラは“馴染み”なのだ。夜の街で言うところの、“いつも指名する女子”というポジションである。そんなエノーラちゃんに攻撃を入れたところ……。

エノーラ

このときの、俺の顔が↓こちら。

(# ・ω・)む?

若干同様しつつも、プレイ歴7年半のノウハウが炸裂する。

「エノーラちゃん、堅いな!www よーし、おじさん、本気出しちゃうぞ♪

そして叩き込んだ10コンボ。

エノーラ

(; ・ω・)あれ?

おかしいな。これでも貫通しないなんて。

しかしそこは、プレイ歴7年半(以下略)。

「な、なーんだ。エノーラちゃん、欲しがりさん!www ……無効貫通が欲しかったんだねwww」

仕方なくスキルを使って、無効貫通を入れるも……。

エノーラ

(;`・д・)…………

「も、もう、しょうがないなぁwww ゼラだね!!w ゼラのスキルを使ってほしかったんだね!!www

切り札のハウリングストームを使ったが……。

エノーラ

(; ゚Д゚)

やることなくなって無策で臨むと……。

エノーラ

(; ーДー)

けっきょく……w

エノーラ

ランキングダンジョンで、初めて途中撤退した……w

……っていうか、エノーラ、どうなっとんねん!!! コンクリートかよ!!!! 堅すぎて話にならねえええええ!!!!www

なんとか倒したものの

もうあったまきた。オマエがそのつもりなら……こっちにも考えがあるぞ!!!

俺は“第二次エノーラ討伐隊”として、↓このメンバーを招集した。

ルルナ×坂道

そう、ルルナ×坂道パである。これで何をするのかと言うと……木の6個消しで小野田坂道の追撃5万ダメージを入れて、エノーラを屠り去ってくれようと思ったわけ!! 俺を怒らせるからこうなるのだ! エノーラ、覚悟ぉぉおおお!!!

で……。

これにより確かに、エノーラにダメージを入れることができた!!

エノーラ
エノーラ

そして、何度目かの攻撃により、ついに……!!

エノーラ

やったぁぁああああ!!! エノーラ撃破ぁぁああああ!!!www

エノーラを超えれば、あとは簡単。

エノーラ

ついに龍楽士杯をクリアーし、

クリア

リザルト画面へ!!! 得点は……!!

リザルト画面

(; ゚Д゚)

結果

(; ーДー)

って、ぜんぜんダメじゃねえか!!!wwww

この話には当然、続きがある。

それは次回の更新で!

おすすめの記事
大塚角満の他のブログ