【パズドラ部】第901回:スーパーゴッドフェス再挑戦!祝いのフトモモ

大塚角満の熱血パズドラ部 第901話

 

記念すべき連載900回を迎えたばかりだが、浮かれ気分は昨日だけで、早くも平常運転に戻そうと思う。これは、ラグビーワールドカップの日本vs.スコットランド戦の直後、決勝トーナメント進出が決まって歓喜の渦が巻き起こっていたフィールドで日本代表の数人が輪になり、

「今日の試合の反省点と、つぎの試合のビジョンを話し合おう」

と、汗だくのままミーティングを行っていた……というエピソード(昨夜の番組でやっていましたw)に倣ったものだ。

900回など、ただのキリ番の通過点に過ぎぬ。

まずは1000回!! そして……いつか1万回という天文学的な連載回数に到達して、

「もう……何も……語ることはねぇだ……ガクッ」

とつぶやいて死にたいと思う。

しかし冷静に考えると、1000回書くのに8年くらい要するとしたら……1万回書くには80年必要ってことか??w 単純に、いまの歳に70年を上乗せすると118歳。これは……決して不可能ではないかも!!?w

なんて夢物語を書いたところで、通常のプレイ日記に入ろうと思いますw

毎日来るよ!魔法石5個

ここのところ毎日、パズドラ大感謝祭の一環で、魔法石5個配布が行われている。

魔法石5個

あまりの大盤振る舞いに、

「言ってしまったものの、「やっぱ5個は多すぎた!!」ってことになって……遅配になったりしないだろうか……!!?

と勝手に心配していたのだが、さすが、しっかりと配ってくれている。ありがたやありがたや。

市場活性化を目指して

配布の5個に加えて、イベント記念ダンジョンやら超絶経験値のダンジョンなんかも頻繁に実施されているので、本当にアッという間に魔法石が貯まる。「あれ!? 俺、酔っ払った勢いで課金しちゃったか!?」とビビってしまうほどに--。

そして、これだけ勢いよく魔法石が入ってくると、人の感覚は確実にマヒする。とくに、魔法石の大量備蓄に免疫のない無課金プレイヤーは最たるもので、日々積み重なっていく魔法石を見つめるうちにつぎのような感覚に陥るのだ。

「もしかして俺……大金持ちなんじゃね??

と。この思考は滝を落ちるがごとく勢いを増し、ついには↓このような結論に達するのである。

「これだけ貯め込んだら金持ちの責務として市場に流し、経済の活性化に貢献しないといけないのではないか!?」

市場に流す……とはイコール、現在開催されているスーパーゴッドフェスに突っ込むということ。要するに……なんだかんだキレイごとを言いつつ、じつは単純にゴッドフェスを回したいだけだあああああ!!!

というわけで、魔法石が10個貯まった端からすべて、スーパーゴッドフェスに突っ込んでくれたわwww

スーパーゴッドフェス再挑戦

この間、貯まった魔法石は30個超。つまりスーパーゴッドフェスを3回回したということだ。

というわけで、1回目!!

出てきたのは……!!

ダイヤタマゴ

まあ、ダイヤタマゴは当たり前なんだがな。

中身は……!

覚醒ヴィーナス

なるほど、覚醒ヴィーナスか……。正直、プラントアーミーズではどうやっても使い道がないのでイラネーのだけど……。

ぶっちゃけ……。

フトモモ

進化させた超転生ヴィーナスのフトモモがあまりにもまぶしすぎるので……1体くらいは……作っても……いいかなwww

使わないモンスターを引いたわりにはホクホクした顔で、2回目の挑戦。出てきたのは……!

闇カーリー

おおおおお。闇カーリーかーーーー!!

いったい何体目になるのか、すでによくわからない闇カーリーだが、この子は交換に使えるので大歓迎。間違いなく、大当たりであろう!

さあ、ラストの3回目!!

出てきたのは……w

覚醒ヴィーナス

またフトモモきたぁぁぁぁああああ!!!!www

当ブログの900回は……2名の超転生ヴィーナス嬢に祝ってもらうことになりそうです……w

おしまい。

おすすめの記事
大塚角満の他のブログ