【パズドラ部】第871回:無課金男、勘違いでゴッドフェスを逃す

大塚角満の熱血パズドラ部 第871

 

いつのころから、男は勘違いしていたのだろうか?

昨日あったものは今日もある。

……いつそんな、ありもしない幻想が脳に刷り込まれていたのであろうか。

形あるものは、いつか壊れるのだ。

永遠に続くと思っていた『こち亀』と『ドカベン』だって、終わってしまったではないか!!

「嗚呼……>< なぜ俺は、こんなミスを……」

慟哭する男の、ここ数日を振り返る。

いつ終わったのか……

男はその日も、魔法石集めに奔走していた。

……いや、“奔走”ってのは言い過ぎだな。

“ずっと続く”という自己暗示にかかっていたので、

「そんなに慌てず、10個集まったら回しにいけばいいや^^」

それくらいユルく考えながら、未クリアーのダンジョンをこなしていたのである。

今朝もそうだった。

保有している魔法石が8個になっていて、必要個数の10まであとちょっと……ってところだったので、

「よし! 簡単に集められるところで、回収しちゃうか!」

ってんで、取っておいた超絶経験値とストーリーダンジョンのエピソードをひとつクリアー。

魔法石集め
魔法石集め

これで無事、目標の魔法石10に到達したのであった。

男は当然、ウキウキである。

というのも、前回の記事で紹介したが、ソニアたまドラ降臨のご褒美としてもらったスーパーゴッドフェスで、6年以上も会えなかったクシナダヒメを、ついに引き当てることができたから。

この運、きっといまも続いているはずだ。

波に乗ったままスーパーゴッドフェスに突入し、ついに2体目のゼラをプラントアーミーズに招き入れるのだ!!!

男は勇躍、ガチャルームに突入した。

そして。

……現実を知るのである。

ガチャルームで待っていたのは……。

ガチャルーム

一瞬、男は、入る場所を間違えたのかと思った。言うなれば、入り口がよくわからない高速道路のサービスエリアのトイレで、間違えて女子トイレに入りかけてしまったような感覚(入ってないからな念のため)。ここはホントに……俺が入りたかったガチャルームか?

「あれえ? おっかしいな……」

ブツブツとつぶやきつつ、ナゼか一度アプリを再起動し、ゲームそのものに入り直す。言うなれば、起動しなくなったファミコンのカセットに、

「ゴッドブレスッ!!!」

と息を吹き込むのと同じ作業だ。

しかし……。

な、何度入り直しても、俺の目当てのガチャがない……!!ゼラが当たる(かもしれない)、魔法石10個のスーパーゴッドフェスが!!!!

「ま、まさか……」

男は震えながら、最新情報のページに飛んでみた。そしてついに、知りたくなかった現実を突きつけられるのである……!!

ゴッドフェス終了

うわあああああああ!!!!!ゴゴゴ、ゴッドフェス、終わってたぁぁぁああああ!!!!!

な、なんてこった……。

今回のスーパーゴッドフェス、長かったから、まだまだ続いてるのかと思ってた……>< 終わっちまうなら……もっと必死こいて魔法石貯めて、全部突っ込んじゃえばよかったよぉぉおおおお!!!><

せっかく集めた10個の魔法石は使う気にもならず、いま我が家で漬物石になっています。

おしまい……。