【パズドラ部】第845回:闘技場“異形の存在”を無課金で越えろ

大塚角満の熱血パズドラ部 第845話

 

表闘技場のラスボス、異形の存在に挑んだ前回の続き。

12階に現れる(可能性がある)マシンアテナに何度か行く手を阻まれ、最終的に俺のゼラキティパは↓このような陣容になった。

ゼラキティパ

暗闇にも、雲にも、帯にも、そしてダメージ吸収にも、このメンバーだったら対抗することができるぞ……!

よぉぉぉぉぉおおおし!!

無課金、木属性縛りでも闘技場を制せることを、いまここに証明してくれようぞ!!!

異形の存在、現る

そんな、プラントアーミーズ最強軍団の前に、妙なモンスターが現れた。

異形の存在1

にゃるほ~~~~ん……www

な、なんだこいつ……。

これまでに見てきたパズドラのモンスターと一線を画する、生き物……っていうか、物体??もう、コイツにつけられる二つ名は、

異形の存在

くらいしか思いつかないわ。

……。

…………。

…………って!!!!!

こ、こいつがこのダンジョンの象徴であり、巣食っているものの1匹である“異形の存在”なのか!!! いやこれ、確かに異形だよ!!

ニャルラトホテプ、強し

というところまで、前回の日記で書いた。今回はその続きなのだが……じつはこのときは、現れた無貌なるもの・ニャルラトホテプの異形に度肝を抜かれすぎていて、正直何が起こったのか1ミクロンも覚えていない。

男のもとに残されていたのは、以下の2枚のスクショと血のメモ書きだけであった……。

異形の存在2

「ああ……っ! ぜ、ぜんぜん削れな……

異形の存在3

ピーーーーーーーーーーーー……

自分の身に起きたことも理解せぬうちに、プラントアーミーズは天に召されたのである。



クトゥルフ、現る

それでも、「異形の存在を確認するところまでは進めた!」という事実は、確実に俺の力になった。

そして、すぐにリベンジマッチ。

「血がたぎっているうちに!!!あの異形の者を、神話の世界に送り返してやるぜ!!!

というわけで、同じメンバーでダンジョンに潜ると……。

順調

アレヨアレヨと後半まで突っ走り……!!

さあ!!ニャルニャンコップ(ニャルラトホテプな)と再戦だ!!!

と、気合も新たに待っていると……。

クトゥルフ

またヘンなの出てきたぁぁぁああああ!!!www

そして……大ボスが登場

このとき出てきたのは、ニャルニャンコップではなく悪夢なるもの・クトゥルフでしたw

とはいえこいつも、異形の存在の一角であることは間違いない。なので慎重に、

伝説の侍

麻倉葉武器の“伝説の侍”を使い、

クトゥルフ撃破

根性対策に追加攻撃もきっちり決めて、ドドドドドンッ!!!見事クトゥルフを打ち破ったのでした!!

そして俺に訪れた、凪の時間

「や、やった……>< このダンジョンの、ボスを制したぞ……><あとはもう、消化試合だ……!!><

すっかりクリアーした気になり、生体レベルをゼロにまで下げて恍惚とする47。そんな、『人生の楽園』に片足を突っ込みつつあった俺の前に……本当の異形の存在が現れた!!

ヨグ

ひええええええ!!! まだいんのぉぉぉぉおおお!!?

やってきたのは、空無なるもの・ヨグ=ソトース……。どうやら、先遣隊を倒して気が抜けたところを狙って、完全にトドメを刺しに現れたのがコイツのようだわ……。

そしてヨグの狙い通り、一度抜いてしまった気合を再注入することは……俺には、難しかった……。

ハウリングストーム

「ここぞ!!」ってときのために温存していたハウリングストームを使っても……。

でも倒せず

倒しきることができず、

「な、なにくそ!!!><」

と再び立ち上がって攻撃を加えたが……!!

まったくダメ

「ああああああ!!! た、倒せなかった!!!><」

そして……万事休す。

ヨグから猛烈な反撃を浴びて、けっきょく……。

ゲームオーバー

うおおおおおお!!!!>< あああ、あとちょっとだったのにぃぃいいいい!!!><

あと1歩……。

ほんとにあと1歩のところで、夢を絶たれたプラントアーミーズだったが……。

続く。