【パズドラ部】第844回:闘技場“異形の存在”と戯れた夏

大塚角満の熱血パズドラ部 第844話

前回で、

「夏休みの宿題として設定していた運命の三針を、ついにクリアーしてやったぞクワッ!!!」

という記事をアップした。

これが不思議なもので、クリアーする前はあんなに苦労していたっつーのに、一度制覇すると、

運命の三針1
運命の三針2
運命の三針3

な、なんか余裕で回せるようになった……。ど、どうなってんだいったい……((((;゚Д゚))))

そうなのだ。

あんなに失敗しまくっていたのが夏の日の苦い思い出のように(美しい表現)、その後はスルスルと何度もクリアー。このときは闘技場の経験値が4倍にハネ上がっていた時期ということもあって、ランクがガンガン上がっていきましたわ……。これまた、夏にいろんな経験を積むことで一足飛びに大人になる少年のようで(部活とか勉強の話な)、

「やっぱり、夏の魔力はすげぇなぁ……」

と、妙に感心させられてしまったよ。

夏は、まだ終わらない

しかし、俺の夏はまだ終わらない。

運命の三針をクリアーしたことで現れた、↓コイツもついでに片づけてしまいたくなったから!!

異形の存在1

そう!!ノーマル闘技場のラスボス、異形の存在である!!

……なんで急いでこのあたりのダンジョンに乗り出しているのかと言えば、9月6日に『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発売されて“逆鱗日和”を始めたら、そっちにも大量の時間を割かないといけなくなるからなんだが^^;

そんな『モンハンワールド:アイスボーン』のプレイ日記、逆鱗日和ワールドも絶賛更新中なので、そちらもよろしくね!!

『モンハンワールド:アイスボーン』のプレイ日記はこちら!
code
このコードをコピーしてサイトに貼り付けます。

マシンアテナに鼻っ柱をへし折られる

勢いに乗っていた俺は、このときは怖いもの知らずの無敵状態だったので、

「いまのゼラキティパだったら、ほぼすべてのギミックに対応できるはず! 火力も十分にあるし……異形の存在、恐るるに足らず!!

そう吹いてはばからなかった。そして実際、

異形の存在2

根性持ちのイズイズが出てこようが何の問題もなく、ズンガズンガと序盤のダンジョンを進撃することができたのだ。

しかし--。

こうやって調子に乗っていると、必ずやその鼻っ柱をヘシ折るガーディアンが、いいタイミングで現れるんだよなぁ、パズドラってゲームは……((((;゚Д゚))))

ものの見事に、↓こいつに進撃を止められましたわ……。

異形の存在3

マ、マシンアテナ……。コイツが序盤のザコ(?)として配置されているのかこのダンジョンは……((((;゚Д゚))))

マシンアテナがやってきやがったのは、なんと、

“400万以上ダメージ吸収:99ターン

……って、ダメージ吸収なんて想定外だよ!!!(いや基本だろ) そりゃちぬわ!!!><

こうして、俺の最初のチャレンジは、ものの見事に跳ね返された。あわよくば、

「こっそり、異形の存在を初見ノーコンクリアーして、全世界に自慢してやるか……。ぐふ。ぐふふふふ」

と下卑下卑笑いながらヨダレを垂らしていたのだが、その夢も儚く消え去りました。

パーティーを再編成!

その結果、俺はパーティー編成……というか、アシストを見直さざるを得なくなった。あれほど、

「ゼラキティパ、完璧になった!!!」

と思っていたところをいじるのは抵抗があったのだが、マシンアテナを引いた瞬間に終わってしまうのはあまりにもムナシイので……↓このようにするしかなかったわ。

編成見直し

エンシェントドラゴンナイト-REX-に付けていたエアリスをゼラに、空いたエンドラ君に風神を付けた。ホントはゼラにはアシストを付けたくないんだけど(いざと言うときにセカンドスキルになっていると目も当てられないからな)、万が一を想定すると、対マシンアテナ用に風神を連れていくしかないのかなと……。

というわけで改めて、上記のメンバーで異形の存在に出撃!

すると、アレヨアレヨと言っている間に……。

異形の存在4

ドドンッ!!

異形の存在5
異形の存在6

ドドドンッ!!

異形の存在デタ

ずーーーーんwww

……って、なんかヘンなの出てきたぁぁぁあああ!!!www

プラントアーミーズ、ついに異形の存在に初遭遇!!

続く。

おすすめの記事
大塚角満の他のブログ