【パズドラ部】第820回:最難関!?ランキングダンジョン夏休み杯

大塚角満の熱血パズドラ部 第820話

そこに入ったときは……まさかそんなことになるなんて夢にも思っていませんでした((((;゚Д))))

この夏休みに合わせて実施されているランキングダンジョン、夏休みスペシャル杯。ここ最近、ランキングダンジョンにちょっとだけ目覚めたこともあって(といっても、20%台だけどw)、夏休みスペシャル杯に臨むときも気分はハッピーサマーホリデイな感じだった(どんなだよ)。

「今回もがんばって、最低でも20%台、あわよくば10%台……いや、いっそ初のヒト桁を狙っちゃう??www

なんて考えていたのだよ。

それが……まさか……((((;゚Д))))

夏休みスペシャル杯の条件とは

今回のランキングダンジョン、以下のような条件が付けられていた。

ランキングダンジョン

ほうほう。なるほどなるほど。

俺は納得顔でウンウンとうなずいた。

「リーダー×助っ人が固定のランキングダンジョンか。ふむふむ。よくあるパターンのヤツやな^^

そして今回は夏休みスペシャルってことで、リーダー×助っ人が水属性のモンスターになっている。これも、激しく納得。とくに助っ人に配置されている水着バーバラ&ジュリは、水属性ながらプラントアーミーズのこの俺をして、

「ぜひ1体、観賞用に持っておきたい」

と思わせた稀有なキャラクターだ。……いや、決して俺が尻フェチだとかそういう理由ではなく、な、なんとなくなモゴモゴ……。


あえて木属性で挑む男

今回のリーダー×助っ人のリーダースキルは、以下のようなものだった。

水と火属性のHP2倍、攻撃力は4倍。ドロップ操作を2秒延長。水火の同時攻撃で攻撃力が4倍、回復力は2

これを読んでも、俺に危機感は訪れなかった。つぎのように思っただけだ。

「ふむふむ。要するに、のモンスターを編成すりゃいいんだな^^

なんでも木を絡めりゃええやろという、恐怖のプラントアーミーズ脳、言うなれば植物脳が発動した瞬間であった。

結果、俺は↓このような編成で夏休みスペシャル杯に挑むこととなった。

チーム編成

この編成を見た4000万人くらいの人が、

「あっちゃ~~~~wwww」

と噴出した姿が確かに見えたわ。

ダンジョンから出られなくなりました

そして--。

俺はこのダンジョンから、出られなくなった((((;゚Д))))

自分の確認のために書いておくが……ここって、クリアータイムを競うランキングダンジョンだよね!!?陸上で言えば、100メートル走とか110メートルハードルとか、コンマ数秒を競う競技に該当するよね!!?

それが……なんで俺だけマラソンやってんの!!?

入った瞬間から、

「あれ???」

と思ったのだ。

おそらく、99%以上の参加者がワンパンでクリアーするであろう1階の敵で……すでに俺、タイムがマイナスになっているんですが……((((;゚Д゚)))) な、なんだコイツ……((((;゚Д゚)))) クッソ堅い敵なんですけど……((((;゚Д゚))))

そして、このダンジョンが史上最難関のランキングダンジョン(個人的に)になった最大の理由は、1も2もなく↓このモンスターであった。

水着メイメイ

水着メイメイ……。あ、あんた、とんでもない鬼畜だったよ……((((;゚Д゚))))

長くなる(いろんな意味で)ので、続きは次回……。