【パズドラ部】第814回:寒咲さんちの5つ子ちゃん、ダンジョンへ

大塚角満の熱血パズドラ部 第814話

「勝負ありッッッ!!!」

「二度と引かねえ!!!」

「もう、コラボガチャは、卒業……」

と、チャンピオンオールスターズコラボガチャからの決別を前回の日記に記したわけですがね。

今朝、目を覚ましたら、

魔法石ゲット

運営から、夏休み企画の魔法石がひとつ届き……。

「お~。これで魔法石、6個かぁ……」

なんて、わざとらしさここに極まれりって感じでつぶやいたあと、気が付けば俺の姿はコラボガチャルームに……!

あッ!!! 無意識のうちに入ってしまった!!! わ、罠にはまった!!!><

誰も罠なんて仕掛けていないがそうでも思わないと心の均衡が保てず、

「罠だ!! 夏のワナだ!!!^^

ワナだワナだと騒ぎ立てるわりにはニコニコしながら、俺は、

「入っちまったモンは、仕方ねぇなぁ^^^^」

嬉しそうにそう言って、ガチャレバーを下したのである。こういう無欲(どこが)のときこそ、ペロンとダイヤタマゴが出たりするんだよね^^^^

そしたら……!

金タマゴ
ペロンwwwww

やっぱり出ねぇじゃねえかよ!!!!!(大激怒)

これで……14連敗か?? あと1回、金タマゴが出ちまったら……大相撲でもめったに見られない、初日から千秋楽まですべて黒星という、

15戦全敗

という歴史に残る不名誉な記録を打ち立てることになるぞ(((;゚Д゚)))

ちなみに、心の底からどーでもいいけど、中から出てきたのは……。

赤城

すんげえ中途半端な赤城が出たか……w もういいわなんでも……。

この惨状を目の当たりにした俺、何かがプツンと切れてしまい、ある作業を実行するに至る。それは……!

「もうこうなったら、5体揃った寒咲ハーレムパを成長させて……ダンジョンに打って出てやる!!!


5つ子を育てる!

というわけでさっそく、“寒咲さんちの5つ子ちゃん”を育てることにした。

まずは、5つ子全員のレベルをMAXにする。

レベル最大

寒咲さんはスキルとして、

“消せないドロップ状態を5ターン回復。最上段横1列を木ドロップに変化”

というすばらしい効果を備えているので、もともと1体は完全体にするつもりだった。なので、くどいようだが1体に関しては投資するのに躊躇はなかったんだけど、

みんな最大

貯め込んでおいたノエルやらキングメタドラ系を他の4名にも喰わせてしまった現実に直面し、妙に指が震えるw

「も、もしかしたら俺は、ももも、ものすごく無駄なことをしているのではなかろうか(((;゚Д゚)))

とね……w

でも、ここまでやっちまったからには突き進むしかない(止めとけよ)。

続いて俺は大量のたまドラを喰わせて、5つ子ちゃん全員をフル覚醒させてしまった(((;゚Д゚)))

覚醒
1体完成
みんな覚醒

(((;゚Д゚)))

もはや誰も、俺にブレーキを掛けることはできない。

続いて……プラスを振るかな!!! なんか楽しくなってきたわ。

プラスも惜しみなく

しかし、やっちまったあとに襲い来る、この言い知れぬ不安はなんなんだ……w

さて、とりあえずプラス振りは1体だけにしておいて、ここからスキルレベルアップダンジョンに乗り込んで“5つ子のスキルマ作戦”を実行しようと思う。

では、助っ人に寒咲さんを…………

助っ人にいない

えーっと、コマさんじゃなくて、寒咲さん寒咲さん……。

助っ人にいない

……って、1匹もいねえwww わかっていたけど、やっぱりいねえよw

でも、これは想定内の出来事。数少ないフレンドが、寒咲さんをリーダーにしているわけがないのだ。

こういうときに役に立つのが、パズドラレーダーである。

しかも俺は、都内に勤務している男。単純に考えて、もっともパズドラ人口が多い場所だ。

さっそく、パズドラレーダーで寒咲さんを指名してサーチをかけると……!

レーダーにもいないw

……って、1匹もいねえじゃねえか!!www

けっきょく、“夢の6つ子パ”を完成させることは叶わず、

けっきょくコマさん

なんとなく、色味が似ているコマさんSに助っ人を頼み(苦笑)、

6つ子ちゃん

寒咲さんで寒咲さんを倒して、

スキルレベルアップ

スキルレベル、アーーーーップ!!!

もうここまできたら、5つ子全部、完全体にするまで引き下がれないわ!!

おしまいw

おすすめの記事
大塚角満の他のブログ